転職

未経験からもOK!ウェブデザイナーになる求人・転職サイトまとめ

更新日:

 

未経験からウェブデザイナーになるためには、どのようにして就職・転職をするのが良いのでしょうか。
web系に特化した求人サイトや、未経験からの転職サイトでおすすめなものをいくつかご紹介します。

 

ポートフォリオを作りつつ、こう言ったサイトにも登録しておけば、スムーズに転職ができるでしょう。
是非活用してみてください。

 

 

未経験の方向けのサービス以外にも、ウェブデザイナーの求人・転職サービスを順番にご紹介していきます。
ちょっと長くなりますが、是非参考にしてみてください。

 

未経験からウェブデザイナーへの求人・就職

転職を支援してくれる転職サポートサービスはいくつかありますが、未経験からの転職に強く、支援をしてくれるサービスもあります。

 

転職コンシェルジュ・ワークポート

 

 

未経験からの転職に強いサービス
ワークポートのwebサイトへ

 

 

もちろん無料で支援をしてくれるので、まずは気軽に登録をしてみてください。
自力で転職をすることもできますが、やはりプロにお任せしてアドバイスをもらった方が圧倒的にスムーズに転職ができます。

 

私はこのようなサービスを使ったことがなかったのですが、後輩の子がこう言った転職支援サイトに登録したらすごくよかったと言っていました。

 

・IT/インターネット業界だけでも約2000社との取引実績有り
・常時15,000件の求人を保有!非公開求人も豊富!
・各業界の転職のプロによる専門性の高いサポート

 

ITやインターネット業界に強いので安心ですが、登録後は、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡、仙台の支店に行ってカウンセリングを受ける必要があります。

 

未経験の方は専門学校のキャリアサポートも利用したい

もしデザインの勉強をするために専門学校に通われる方は、是非その学校で行なっている転職支援サービスもご活用ください。
専門学校やスクールでは繋がりのあるウェブ制作会社やIT系の企業の求人情報を持っていたりするところもあるようです。

 

また、制作したポートフォリオの添削や相談なども受け付けてくれるので、未経験からの転職が不安な方にはおすすめです。

 

この他のおすすめのスクールはこちらの記事でご紹介しています。
社会人・未経験からウェブデザイナーになるための専門学校

 

 

IT・web系に特化した転職

Web・ゲーム業界に特化した、フリーランス・派遣の案件提案、転職の求人紹介サービスもあります。
ウェブデザイナーはもちろん、ウェブのプログラマーやゲーム業界やIT業界の求人も多いようです。

 

大手求人あり、中途採用におすすめ・レバテッククリエイター

 

なので、こちらは未経験の方というよりは、web系・ゲーム業界からの転職をしたい方向けのサービスと考えてもよいでしょう。
取引実績企業例を見ると大手の企業の名前がたくさん掲載されています。
あくまで一例ですが、ウェブデザイナー・正社員で、年収800万円というような求人もあるようです。

 

同業からの転職をお考えの方は是非ご活用ください。

 

IT・web系の転職に強いサービス
レバテックのwebサイトへ

 

 

その他webデザイナーの求人・転職サイト

その他、有名な求人・転職サイトをご紹介します。
比較的、web系・IT系の多いサイトばかりですが、全部見るのはやはり大変なので、個人的には上でご紹介したようなコンシェルジュ型のサービスに相談するのが、楽でスムーズに転職ができると思います。

・マイナビクリエイター

マイナビクリエイターのサイトへ

・Wantedly

Wantedly のサイトへ

・duda

 

・Indeed

 

・エンジャパン(engage)

 

・グリーン(Green)

 

・Find Job!

 

 

 

在宅勤務希望者のための求人

最近では在宅勤務を許可している雇用体系もたくさんあるようで、『在宅ワーク可』をうたっている求人情報がたくさんあります。その雇用体系をリモートやテレワークなんて読んだりもします。

 

正社員の求人もありますが、中には最初はアルバイトからという求人もあります。
中には、定期的に出社が必要な会社や、最初の面接以外はほとんど在宅でOKのものまで様々です。googleで検索すると、エンジャパンのengageというサービスが表示されます。その中からだと探しやすいです。

 

 

派遣、アルバイトのウェブデザイナーの求人

 

次にアルバイトや派遣の求人です。

・マイナビバイト
・Indeed
・バイトル
・フロムエー
・タウンワーク

 

ウェブデザイナーの雇用形態は、正社員以外の選択肢がいくつもあるということを知っていいただきたいです。

 

未経験なら正社員以外の選択肢も

派遣やインターン、アルバイトとしてウェブデザイナーを始めることもできます。
これはそれぞれの会社の制度によるので、一概に良い悪いがお伝えできないのですが、実際の現場で仕事ができるというのはとても貴重な体験です。

 

派遣やアルバイトでウェブデザイナーになることもできます。
この場合は一定額の給料が保証されるので、社会人からの転職でもある程度安心ではあります。(雇用保険に加入できる条件などがあるのでご注意ください)

 

インターンやアシスタントという選択肢

社会人でもインターンを受け付けてくれる会社もありますが、給料が支給されない可能性があります。
もしこの選択をされる場合はある程度貯金があるとか、インターンは◯ヶ月まで、と期間を決めて実務を体験されることをおすすめします。
アシスタントという肩書きであれば、少ないかもしれませんが給料が支給されることもあるかもしれません。

 

もちろん、正社員だと待遇も良いでしょうが、デザインを学ぶためには正社員だけが正解ではないということを知っておいてください。

 

未経験の採用・募集はある

求人情報をみていると、稀に未経験のデザイナーを募集している企業もありあす。募集というよりは、未経験でもOKというイメージです。
採用された後の教育方針はそれぞれの企業によるのでわかりませんが、採用されることで実務を経験できます。

 

これが何より一番大切です!

 

 

やはりスクールで勉強しているだけでは、経験できないことがたくさんあります。
自分がつくったデザインに対して、先輩やディレクターからのフィードバック、またクライアントからのフィードバックを聞くことで、自分のデザインスキルを上達させていくことができます。

 

それを受け入れて修正をすることも勉強ですし、こう言う理由があってデザインしたものだからここは修正できないと跳ね返すことも勉強になるでしょう。
とにかく未経験の状態であれば実務経験を積めばいろんな学びがあります。

 

なので、その実務経験を積むために、まずとにかく採用されるということは非常に大切です。

 

 

ただ、会社によっては仕事をどんどん詰め込まれたり、未経験という理由で給料を安く設定されたり、ということもあります。
これも会社によりますし、新人教育体制が整っている会社もあります。入社前にそこを見極めるのは難しいところではありますが…。

 

我々も生活をするためにお金を稼がなければいけません。
未経験からの採用や募集にはそう言ったメリットとデメリットがあることを是非認識しておいてください。

 

 

ウェブデザイナーの需要はある

 

まだまだウェブデザイナーの需要はあるように感じます。
ただ、求められるデザインの幅や作業スピードも、数年前よりずっとレベルが高くなっている印象を受けます。

 

凝ったデザインというよりは、意味のあるデザインというものがより広く認知されてきているように感じます。
未経験でもそう言った部分が理解できていると非常に強いですし、経験が浅くても可能性を感じてもらえるはずです。

 

なので、是非多くのデザインを見て考え、わからないところは専門学校で先生に質問をする、という勉強の仕方がいいと思います。

 

 

オンラインなので全国どこでも!
おすすめのスクールはこちら

 

 

おすすめのスクールはこちらの記事でご紹介しています。
社会人・未経験からウェブデザイナーになるための専門学校

Copyright© 初心者・未経験からウェブデザイナーになるには? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.