フリーランス

ウェブデザイナーの年収や、独立してフリーランスになった後の収入について

更新日:

 

ウェブデザイナーになると、どれくらいの収入が見込めるのかをご紹介したいと思います。

 

ただし、あくまで参考程度としてお考えください。
ウェブデザイナーの収入の低さを心配されている方もいらっしゃると思いますが、『給料は個人の実力と会社による』ということを是非認識していただきたいです。

 

当たり前のことではあるんですけどね。
よければ参考にしてみてください!

 

 

ウェブデザイナーの平均年収

ウェブデザイナーの平均年収は360万円という調査結果が出ているようです。

 

Webデザイナー 360万円(生涯賃金:1億4893万円)
引用:DODA - 平均年収ランキング2017

また、

 

クリエイティブ系全体の平均年収 380万円

クリエイティブ系全体でということは、ウェブデザイナー以外にもディレクターやコーダー、またはアートディレクターやプロデューサーも含まれるので、上がって当然ですね。
ただ、それと比べても決してウェブデザイナーが稼げない仕事ではないことはおわかりいただけたと思います。

 

月収・時給換算すると…

ボーナスなどを考慮せず、平均年収から月収と時給を換算すると月収は30万円、時給約1,500円(10時間/日 労働の場合)になります。

 

あくまでひとつの例ですが、東京のバイトの時給平均額は1,143円なのでそれよりは高額ですね。(出典:和タウンワーク
ただ、会社によっては1日の労働時間が10時間で済まない場合もあるので、単純計算ではなかなかいかないのですが…

 

こちらの記事でウェブデザイナーの残業についてもご紹介しています。

ウェブデザイナーの残業について

 

全ての20代の平均年収と比較

ではクリエイティブ系ではなく、全ての20代の平均年収と比較してみましょう。

 

20代の平均年収は296万円
20代前半で248万円、後半で344万円
引用:20代の平均年収を徹底解剖 - 転職Hack

こう見ると、20代後半よりも高い平均年収にはなっていますが、ウェブデザイナーの平均年収には30代以降も含まれているのでなんとも言えないところです…

 

しかし、ウェブデザイナー出身の、アートディレクター・クリエイティブディレクターを目指したり、ディレクターやプロデューサーを目指すのであれば、年収は大幅にアップします。

 

クリエイティブディレクター/アートディレクター 464万円
Webプロデューサー/ディレクター 445万円
引用:DODA:平均年収ランキング2017

なので、ウェブデザイナーの給料の低さを嘆く必要は全くありません!

 

ウェブデザイナーは実力で収入アップ可能

また、ずっと同じ会社で勤務し続けても給料は上がりにく場合が多いと感じます。
これはあくまで私個人の経験と肌感での意見なのですが、どんどん大きな会社に転職をして大きな仕事をしていく人が年収を着実に上げて行っている印象です。

 

やはりウェブサイトの制作に何十万円、何百万円というお金をかけることに価値を感じていらっしゃらない方(クライアント)も多くいらっしゃいます。
そういう人々からお金を引き出すよりは、大企業の広告を代理店経由で受注して制作するような案件の方が、圧倒的にお金は取りやすいです。

 

是非、今いる世界だけがすべてだと思わず、新しい世界に飛び込んで、たくさんの経験を積むことを意識してもらいたいと思います。

 

 

また、年齢を重ねるごとに、デザイナーより上流の仕事をするアートディレクター目指したり、独立する方が収入は増えるのは間違いありません。
プレイヤーでいるのもいいのですが、もっと企画や提案をする側にまわったり、もしくは大きな会社で若手を育てる管理職を目指すという手もあります。

 

 

ウェブデザイナーになったその後

 

年齢・年代ごとのキャリアアッププランについて考えてみましょう。
キャリアアップはつまり、組織に属して昇格をしていくのか、それとも転職をしたり独立をすることで年収アップを狙っていくのか、ということにも関係してきます。

 

どちらが正解ということはありませんが、それぞれ向き・不向きやメリット・デメリットがあるように思います。未経験から転職をするのであれば、転職後の身の振り方を考えておくのは決して悪いことではありません。

 

むしろ、目標ができるので転職後の働き方にも良い影響を及ぼすものと考えます。

 

20代で未経験から転職とスキルアップ

20代でウェブデザイナーへの転職を志した方は、是非お早めに行動していただいた方が良いでしょう。
20代後半ならまだ可能性はあるかもしれませんが、30代になってしまうと未経験からの転職はかなり難しくなってきます。

 

効率的にデザインの勉強をするのであれば、是非専門学校やオンラインスクールに通われることをおすすめします。
おすすめの専門学校・スクールはこちら

 

 

転職をした後は、是非たくさんのウェブサイト制作を経験して、ご自身のスキルアップを目指していただきたいです。
多少忙しすぎるくらいでもいいと思います。どんどん仕事を引き受けてこなして行きましょう。

 

良いデザインをつくることができれば、必然的に仕事が自分のところにまわってくるようになります。
自分のスケジュールを管理することも経験できますし、もしかしたら大きな仕事にも巡り会えるかもしれません。

周りからの評価も高まり、年収アップにも繋がることは間違いありません。

 

30代は昇進 / 独立で年収アップ

30代になったら、後輩や部下ができる頃です。
そうなると次第に後輩の面倒を見たり、部下の仕事のクオリティチェックを任されるようになりますね。徐々にアートディレクターとしての、クオリティ管理の仕事を任されるということになります。

 

もしそういう仕事が増えてきたらご自分のデザイン作業以上の仕事をしていることになるので、会社側に給料を交渉する余地があると考えます。
さらなる給料アップを狙っていきましょう。その会社で給料を上げてもらえないのであれば、転職という手段もあると思います。
私の周りでは、社内で交渉をするより転職をして給料をアップしているデザイナーの方が多い印象です。

ウェブデザイナーのおすすめ転職・求人サイト

 

また、コミュニケーション能力に長け、デザインの能力にも十分自身があるという方は、今の職場に在籍しながら、空いた時間を見つけてクラウドソーシングで副業をしてみてもいいかもしれません。
そちらの方が流れに乗ってきて、今の給料よりはるかに多くの収入が期待できそうでしたら独立するという手段もあると思います。

 

組織人か独立か - 年収アップを目指すWebデザイナーの2つの選択肢
・組織人として年収アップを目指す
・独立して年収アップを目指す
引用:マイナビクリエイター - 年収アップを目指すWebデザイナーの2つの道

 

40代は管理職でさらに年収アップ

いろいろとタイミングが悪く、転職する機会を逃してしまったという方。
ご安心ください。40代でも転職はできます。

 

ただ、40代での転職は、デザインの能力はもちろん、クオリティ管理や管理職的ポジションとしての能力も求められます。
なので、そういった部分がアピールできるような職歴を歩んでおくことをおすすめします。その時に、自分はこの仕事をやった!という経験を説明できるようにしておくといいですね。

 

 

逆にウェブデザイナーというポジションのまま、40代を迎えることを私はあまりおすすめしません。
というのは、デザイナーのままだとどうしても作業者感があり、給料アップも見込めないからです。

 

なので、40代になるころには管理職になっていることを目指して仕事をされた方が、高い年収を獲得できるはずです。
私の知人にも、40代で転職をして管理職になり、年収が大幅に上がったという方もいらっしゃいました。

 

 

独立・在宅フリーランスのウェブデザイナーの年収

 

それでは、独立したりフリーランスになった場合の平均年収をご紹介します。

 

フリーランスウェブデザイナー:年収300万円
引用:nomad journal

在宅フリーランスの平均年収はかなり低いようですが、これは会社員だった時代にいかにクライアントに顔を売っておくか、いかに仕事を任せてもらいやすい関係づくりをしておくか、が大切です。

 

これをしっかりやっておかないと、独立をしても仕事が入ってくるわけがありません。
なので、独立したりフリーランスになるのであれば、それなりの準備が必要だということを忘れないようにしましょう。

 

逆に、自分でしっかり仕事を受けられる体制や環境を作っておけば、会社員より儲かる可能性は大いにあります。私の先輩も独立後1年立たずして、年収1000万を超える仕事をしていました。前の会社でもかなり売り上げに貢献していた方だったので。

 

とにかく、そこが独立の一番の醍醐味だと思います!
フリーランスになるときに知っておきたいこと

 

 

未経験からウェブデザイナーに転職するには

 

未経験からウェブデザイナーに転職するには、こんな流れがおすすめです。
・スクールに通ってツールの使い方を学ぶ
・ポートフォリオをつくる
・転職サイトから企業に応募する

 

それぞれ簡単にご紹介していきます。

 

転職する年齢はできるだけ低い方がいい

先ほどもご紹介しましたが、デザイナーの年齢層は比較的低めです。
なので、未経験からなのであればできるだけ早めに転職活動をされた方がいいでしょう。

 

何度も繰り返しになりますが、少しでも早く効率的に転職をするために、スクールに通われることをおすすめします。

 

転職のためにポートフォリオをつくりましょう。

ウェブデザイナーとして仕事をした経験がないのであれば、ポートフォリオは絶対に必要です!
私はこんなにも素晴らしい作品が作れるんだ!ということを企業にアピールしましょう!

 

こちらの記事でより詳しくポートフォリオの作り方をご紹介しています。
ウェブデザイナーになるためのポートフォリオの作り方

 

未経験ならスクールがおすすめ

ウェブデザイナーやそれ以外にもweb関係の職種のノウハウを学べる専門学校やスクールがたくさんあります。
オンラインスクールもありますので、是非検討してみてください。

 

おすすめの専門学校についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
社会人・未経験からウェブデザイナーになるための専門学校

 

オンラインなので全国どこでも!
おすすめのスクールはこちら

 

Copyright© 初心者・未経験からウェブデザイナーになるには? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.